So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

城下町唐津 伊万里 [観光スポット(佐賀)]

IMG_9503.JPG

唐津城です。

別名舞鶴城ともいわれる唐津城。唐津のシンボルとしての美しい姿です。

IMG_9501.JPG

遠目に撮った写真です。修復作業中なのか、クレーン車も見えていました。


唐津といえば。「唐津くんち」が有名です。

毎年、11月2、3、4日にあり、14台の曳山の競い合う、市内を引き回る光景は、

テレビでしか見たことはないですが、盛大で活気あることと思います。

IMG_9498.JPG

それぞれ製作年代も古いです。歴史のある行事ですね。

曳山展示場にある曳山です。(ガラスが反射して少し見にくいかもしれませんが(^-^;)

鳳凰丸

IMG_9472.JPG
 

源義経の兜

IMG_9474.JPG

飛龍

IMG_9476.JPG

金獅子

IMG_9478.JPG


武田信玄の兜

IMG_9480.JPG

上杉謙信の兜

IMG_9482.JPG

酒呑童子と源頼光の兜

IMG_9484.JPG

七宝丸

IMG_9486.JPG



IMG_9488.JPG


珠取獅子

IMG_9490.JPG

赤獅子

IMG_9494.JPG

青獅子

IMG_9490.JPG

亀と浦島太郎

IMG_9496.JPG


あと、もうひとつ「鯛」があるのですが、修復中でいませんでした。


重さ2~4トンもある曳山

法被姿の曳子たちが、その曳山をひきまわし、

囃子に合わせて走る姿は、勇大なものでしょうね。


この後、伊万里焼の大川内山に行きました。

IMG_9511.JPG

IMG_9508.JPG


ちょうど風鈴祭りの期間中で、垂らされた風鈴たちの、涼やかな清い音色が鳴り響いていました。

IMG_9504.JPG

IMG_9505.JPG

IMG_9507.JPG

IMG_9509.JPG

気にいった風鈴と、藍色の珈琲カップを買いました。

今、リビングの窓辺で、良い音色を鳴らしています。



nice!(44)  コメント(15) 

呼子 [観光スポット(佐賀)]

IMG_9426.JPG

 呼子港です。

 呼子というとイカが一番に浮かんできます。白い建物にも大きなイカの絵があります。

 イカ料理で人気のある「河太郎」です。

IMG_9418.JPG

お昼には早い10時半くらいでしたが、もう行列ができています。

長いこと待たないといけないかなと思っていたら、

土日は、通常より1時間ほど早く開くみたいで、良かったです。

私たちも並んでいると、後ろのグループの方たちのお一人が、

「前にもここに来たときに、人がいっぱいだったので別なところに行ったけど、やはりここが美味しいよ。」

と言われるのが聞こえてきました。ますます楽しみです。

中に入ると、いけすには、イカがいっぱい泳いでいます。

IMG_9410.JPG

イカの活き造り

IMG_9411.JPG

透明感があり、鮮度の良さがわかります。

今まで食べたイカのお刺身で一番おいしいと感じました。

イカしゅうまい

IMG_9412.JPG

イカの天ぷら

IMG_9416.JPG

揚げたてで、やわらかく風味の良いとても美味しい天麩羅です。

最後のデザートのパインもすごく甘かったです。

IMG_9417.JPG

町のあちこちで、店頭販売のイカの天日干しも目にします。呼子ならではの風景です。

IMG_9421.JPG

呼子の朝市も有名です。ところ狭しと、通路の両脇に水産物、農産物が並ぶようです。

その通りです。

IMG_9423.JPG

ちょうど12時前くらいでしたので、ほとんどのお店がもう片付けておられました。

早朝から、お店の方の掛け声などが聞かれ、観光客などで賑わうことと思います。


遊覧船に乗ることにしました。マリンパル呼子のところです。

IMG_9422.JPG

ピンクの船は、海中展望船「ジーラ」です。

私たちは、七ツ釜という洞窟に行く「イカ丸」に乗りました。

遊覧船から、イカの活き造りなどを食べた「河太郎」も見えます。

IMG_9428.JPG

まだ車もいっぱい駐車場にあります。

湾を出ると、遊覧船の速度も増し、頬にあたる風も強くなってきます。

波で浸食された柱状節理などの眺めを楽しめます。

IMG_9434.JPG

IMG_9432.JPG

IMG_9435.JPG

IMG_9442.JPG

お天気も良く、海の色もきれいで、気持ちがいいです。

釣り人も見えます。

IMG_9438.JPG

七ツ釜が見えてきました。

IMG_9440.JPG

七ツ釜のところです。

IMG_9458.JPG

玄武岩の断崖絶壁に、七つのカマドを並べたような形です。

一番大きい真ん中ほどの洞窟に船が入ります。

IMG_9446.JPG

間近で海蝕の岩肌を見れます。

船から後ろの入り口のほうを見た眺めです。

IMG_9450.JPG

IMG_9455.JPG

一番左の洞窟だけ貫通していて、向こうの景色が少し見えます。

IMG_9463.JPG

七ツ釜から、また呼子港のほうに帰っていきます。

鷹島

IMG_9464.JPG

なんだか、鯨の形にも見える島です。

呼子大橋

IMG_9467.JPG

橋の向こうに沈む夕日も素晴らしい眺めのようです。

呼子で、美味しいイカ料理に、素晴らしい海の眺めを楽しめました。

穏やかな港町の光景です。

IMG_9468.JPG

IMG_9469.JPG





nice!(55)  コメント(24) 

マロンと庭の花など諸々 [身辺のこと]

IMG_7980.JPG

3連の花瓶に庭のバラなどを挿しています。

IMG_7938.JPG


ガラスの器にも、アニスヒソップなどのハーブなども混ぜて飾っています。

IMG_8015.JPG


お出かけ記事が続いていたので、身辺のことなどを今回は載せます。


今咲いている庭の花たちです。

紫のノボタンも色鮮やかです。

IMG_9648.JPG

バンマツリも1回咲いて終わっていたのですが、また最近蕾をつけて咲き始めています。

IMG_9650.JPG

ピラミッドアジサイ

IMG_9646.JPG

他のアジサイが終わってから、しばらくして咲き始めました。

円錐状の形をしたアジサイです。

IMG_9637.JPG

ピラミッドアジサイとステファニードゥモナコのバラ、千日紅と一緒に花瓶に挿しています。

IMG_9707.JPG

一番下のアジサイは、ブルーだったアジサイがこのように変化して、渋めの色になっています。


ココアヒマワリ

IMG_9642.JPG

蝶もとまっています。

玄関のところで、背が高くなって、上のほうで花をつけています。屋根に届く勢いです。

IMG_9643.JPG

台風5号がくるということで、茎が折れやすいので、傷まないうちに、切ってしまいました。


IMG_9712.JPG

飾り棚が、ココアヒマワリで明るくなっています。

花の香りをかぐと、ほんのりとココアのような香りがします。

IMG_9714.JPG

壁には、夏らしい朝顔のタペスタリーをかけています。

IMG_9647.JPG


最近のマロンです。

IMG_9623.JPG

食欲もあって、元気にしています。

IMG_9625.JPG

ただ、外は猛暑なので、ワンちゃんも熱中症には気をつけないといけない時期です。

早朝や涼しい場所の散歩などに限られてきます。

IMG_8889.JPG

クーラーのきいた部屋でボール遊びなどしています。

IMG_9632.JPG

IMG_9634.JPG


11月で10歳になるマロンです。人間でいうと、もう50代から60代になろうという年齢です。

数年前のような活発さからすると、落ち着いてきて、

動き回ってしばらくすると、床にじっと横たわったりしています。

ただ、ペットOKのお気に入りのホームセンターに連れていくと、花木が売っている場所は広く、

嬉しいのか、リード引っ張るようにして、速く歩きます。

元気に長生きしてほしいです。


追っかけて遊んでるボール。つまむとキュッキュッと音がします。

IMG_9636.JPG

突起があるので、よく噛んだりすると、歯磨きにもなるようです。

ゲージの中で、無防備な姿で寝ています^^

IMG_8885.JPG

 

最後に美味しいもの

倉敷の娘から送ってきた桃です。

IMG_9652.JPG

IMG_9653.JPG

清水白桃という品種で、みずみずしくて甘~い、とても美味しい桃でした。







nice!(53)  コメント(21) 

ハウステンボス⑥ギヤマンミュージアム [観光スポット(長崎)]

IMG_9277.JPG

ギヤマンミュージアムのホールの吹き抜けにあるシャンデリア

その美しさに目が奪われます。

ギヤマンとは、江戸時代、日本で呼ばれていたガラスのことです。

その語源は、オランダ語の「ダイヤモンド(DIAMANT)」にあると言われています。


このギヤマンミュージアムには、世界各地からの贅をつくしたガラス美術品が集められています。

オランダ・イタリア・フランスなどのヨーロッパなどのガラス芸術が展示してあるところです。

目に留まった美しいガラス芸術品です。

IMG_9274.JPG

IMG_9278.JPG

IMG_9280.JPG

IMG_9281.JPG

置いてある棚等も、アンティーク調の瀟洒な造りです。

IMG_9282.JPG

IMG_9283.JPG

IMG_9284.JPG

IMG_9285.JPG

教会のような造りの、ステンドグラスも嵌められた棚に、一つ一つライトアップされたガラス製品

IMG_9289.JPG

よく知られているエミール・ガレの作品もあります。

IMG_9290.JPG

IMG_9292.JPG

IMG_9293.JPG

IMG_9294.JPG

IMG_9295.JPG

ルネ・ラリックの作品

IMG_9296.JPG

ルネ・ラリックの作品は、数年前に箱根に行ったときに、ラリック美術館でいろいろ見ました。

ラリックの手がけたオリエント急行の豪華サロンカー、ミュージアムのラリックコレクション等

すごく魅了されたものです。

IMG_9297.JPG

ここでのラリックの優美な作品にも、見入ってしまいました。


1枚目で載せたシャンデリアの豪華さは、なんと言葉にしていいか、魅惑的な輝きです。

 「金赤地白被風鈴付グラヴュール蔓草朝顔シャンデリア」

IMG_9298.JPG

幅2.2m、高さ3.5m、重さ750kgのシャンデリア

フランス製の1840年もの。

今やここまでの透明感をもつガラスは製造できないといわれる逸品とのこと。

IMG_9286.JPG

透明なガラスと緑や赤のパーツを組み合わせた、東洋的な雰囲気をかもしだした作品です。

 
ガラス芸術品の素晴らしさに感銘され、幻想的な夢心地になるギヤマンミュージアムでした。


今回が、ハウステンボスでの最後の記事になりました。

 宿泊したホテルオークラハウステンボスのロビーに飾ってあったお花

IMG_9408.JPG

ひまわりも入って夏らしい、そして爽やかさも感じる生け花です。

IMG_9407.JPG

ホテルを後にして、佐賀の呼子のほうに向かいました。

 



nice!(52)  コメント(20) 

ハウステンボス⑤ポルセレインミュージアム [観光スポット(長崎)]

IMG_9110.JPG

 ハーバータウンのところに咲いていたアガパンサス

 白い花もありました。

IMG_9109.JPG

 ポルセレインミュージアム

 古伊万里や中国磁器の展示と共に東西交流の歴史を紹介してある館です。

 中には、柿右衛門様式などの素晴らしい陶磁器が展示してあります。

IMG_9082.JPG

IMG_9083.JPG

IMG_9084.JPG

 磁器の間  

 約3000点の有田焼で、「シャルロッテンブルグ宮殿の磁器の間」が再現されています。

IMG_9101.JPG


 シャルロッテンブルグ宮殿は、ベルリンにあり、プロイセン王・フリードリヒ1世が、1699年

 東洋の磁器を熱愛した妃ゾフィー・シャルロッテのために建設しました。

IMG_9094.JPG

 シャルロッテンブルグ宮殿の磁器の間は、世界に現存する磁器の間の中でも、

 最も豪華絢爛なものと言われているようです。

 
 この間に入って、四方を眺めるとそのきらびやかさで、すごいなぁと圧倒されます。


IMG_9086.JPG

IMG_9087.JPG

 天井画

IMG_9089.JPG


 

 ドイツ マイセンのシャンデリアもありました。

IMG_9095.JPG

IMG_9096.JPG


 平戸焼きの透香炉

IMG_9099.JPG

IMG_9098.JPG

 繊細で美しい香炉です。

 17世紀中期ごろ、伊万里の磁器が海を渡り、遠くヨーロッパで愛されていたということや

 マイセンにも多大な影響を与えた日本の陶磁器

 素晴らしい世界に誇れる焼き物たちですね。

 ホーランディア

IMG_9106.JPG

IMG_9105.JPG

 

 ハウステンボス内での食事です。

IMG_9175.JPG

 花の家というところの「長崎真鯛三昧膳」にしました。

IMG_9177.JPG

 真鯛のまぶしに、お刺身、お腹にもたれることなく、あっさりとした美味しさでした。

 長崎和牛三昧膳

IMG_9176.JPG


 ハウステンボスの記事、あともう1回で最後になります。






 

ハウステンボス④光の街 [観光スポット(長崎)]

IMG_9331.JPG

 ハウステンボスの夜は、広大な敷地全体が、イルミネーションで満たされます。

 カナルクルーザーが通る運河では、クルーザーが近づくと噴水も上がり、光の中を進む感じです。

IMG_9309.JPG

IMG_9332.JPG

 
  光の滝のあるドムトルーンへ向かいます。

IMG_9315.JPG

 大迫力のイルミネーションの滝です。

IMG_9323.JPG

 四季の景色も見られます。

IMG_9324.JPG

IMG_9326.JPG

 レインボウカラーが鮮やかです。

 ドラゴンも現れました。

IMG_9328.JPG


 光の天空ツリーのところです。

IMG_9336.JPG

 高さ30mあり、いっぱいに広がっています。

 光の放射状のラインも繊細な美しさです。

IMG_9338.JPG

 下にある美しい彫刻の像も浮かび上がっています。

IMG_9337.JPG

IMG_9340.JPG


 ハッピーレインのアンブレラストリート

IMG_9344.JPG

 1000本のカラフルな傘

 音楽に合わせて光が変化します。

IMG_9345.JPG

 スリラーシティーのマッピングイルミネーション

IMG_9303.JPG

IMG_9357.JPG

IMG_9360.JPG

IMG_9367.JPG

太鼓の達人も3Dプロジェクションマッピングであり、ゲームをされる方たちのその得点などが

軽快なゲーム音楽にのって、映し出されます。

IMG_9374.JPG

IMG_9372.JPG

 アトラクションタウンのところ

IMG_9335.JPG

 実物大のパトレイバーもありました。

 
 最後に、高さ105mのドムトルーンの展望台に昇りました。

IMG_9382.JPG

 展望台は80mの場所にあります。そこからの眺めです。

IMG_9386.JPG

 光の天空ツリーも遠くに見えています。

IMG_9390.JPG

IMG_9393.JPG

IMG_9394.JPG

 近くまで行って見ていないところもありましたが、それでも光の街の散策をいっぱい楽しんだことでした。

 最終便のカナルクルーザーでゲイトに向かいました。

IMG_9399.JPG








ハウステンボス③イルミネーション [観光スポット(長崎)]

IMG_9239.JPG

 ハウステンボスも、7時を過ぎると、アジサイロードのほうも、

 イルミネーションが光って、きらめきの景色に変わってきます。

IMG_9183.JPG

 パレスハウステンボスの入り口です。

IMG_9188.JPG

 木々のイルミネーションが、ユリまで照らしています。

IMG_9238.JPG

IMG_9235.JPG

 月も顔を見せてきました。

IMG_9237.JPG

IMG_9196.JPG

 奥のほうにある、バロック庭園では、

 「光のオーケストラ ジュエルイルミネーションショー」を時間的に何回か見ることができます。

IMG_9221.JPG

 音楽に合わせて、イルミネーションの光り具合が変わり、噴水も良い景観を演出します。

IMG_9232.JPG

 
 ハーバータウン

IMG_9243.JPG

 跳ね橋も白く光っています。

IMG_9247.JPG

 ドムトルーンは、赤く灯り、運河にも光が映っています。

 もう8時前なのに、まだ空はうっすら明るいです。暗くなるのが遅くなりました。

IMG_9241.JPG

 アムステルダム広場

IMG_9248.JPG

IMG_9257.JPG

 白く光る建物と月の眺めもなかなか良いです。

 ユリの向こうのアーチなども煌めいています。

IMG_9260.JPG

 白いベールに包まれ、なんだかロマンティックな眺めです。

IMG_9261.JPG

 建物の壁には、プロジェクションマッピングで、いろいろな模様が浮かび上がります。

IMG_9264.JPG

 花時計

IMG_9269.JPG

 クリスマスツリーのようにして輝いています。

IMG_9270.JPG

 幻想的な感じです。

IMG_9268.JPG

IMG_9271.JPG

 ライトアップされたハウステンボス

 これから宵が深まるにつれ、光の織りなす世界がまだまだ広がっていきます。

 次回に続きます。



ハウステンボス②ホテルヨーロッパ・アムステルダム広場 [観光スポット(長崎)]

IMG_9112.JPG

 ホテルヨーロッパです。

 中では、アジサイやユリのアレンジメントが素敵にディスプレイされていました。

IMG_9117.JPG

IMG_9114.JPG

IMG_9118.JPG

 ヴェネツィア・ガラスのバードツリーもありました。

IMG_9122.JPG

 木にとまる小鳥たちのしぐさも可愛らしく、優美なガラス作品です。

 ユリの涼しげな生花

IMG_9127.JPG

IMG_9130.JPG

 香しい、気高い感じもする百合の花です。

 テーブルセッティングのところにも、アジサイの花が引き立っています。

IMG_9132.JPG

 ユリとアジサイのコラボ

IMG_9133.JPG

IMG_9134.JPG

 ホテルヨーロッパを出て、ドムトルーンのほうを見ると、少し晴れ間も見えます。

IMG_9138.JPG

 この日は、小雨も時々降ったりするような日でしたが、夕方近くになるにつけ、明るくなってきました。

IMG_9143.JPG

 ハーバータウンのほうです。

IMG_9141.JPG

IMG_9140.JPG

 跳ね橋

IMG_9145.JPG

 アムステルダム広場のほうへ行くと、そこにもアジサイ、百合の花の素敵な眺めが見られました。

IMG_9146.JPG

IMG_9148.JPG

IMG_9155.JPG

IMG_9158.JPG

 レストランや舞台もあり、音楽ダンスなども楽しめるところです。

IMG_9165.JPG

 八重のゴージャスなユリ

IMG_9166.JPG

 黄色いユリも色鮮やかです。

IMG_9151.JPG

 そろそろ、建物内の電燈や、外灯がつきはじめました。

IMG_9170.JPG

IMG_9174.JPG

 光の街ハウステンボスへと変わっていきます。

 次回に続きます。





ハウステンボス① [観光スポット(長崎)]

IMG_9004.JPG

 ハウステンボスの入り口です。

IMG_9006.JPG


 入場してから、カナルクルーザーで運河を渡ります。

 オランダらしい風車も見えてきました。

IMG_9007.JPG

 宿泊する、ホテルオークラハウステンボスも運河沿いに見えます。

IMG_9010.JPG

 目的地のドムトルーンのタワーが見えてきました。

IMG_9013.JPG

 ここで降ります。

IMG_9016.JPG

 ハウステンボスでは、アジサイ祭りが終盤で、ユリ祭りに替わろうとしている時期でした。

 アジサイロードです。

IMG_9033.JPG

 もうだいぶ傷んでいるのではと、あまり期待はしていませんでしたが、

 まだまだきれいなアジサイたちが咲いています。

IMG_9031.JPG

IMG_9030.JPG


 あまり目にしないような珍しいアジサイもあります。

 ウェディングブーケ

IMG_9049.JPG

 2色使いのような花もありました。

IMG_9032.JPG

IMG_9019.JPG

IMG_9038.JPG

IMG_9039.JPG

IMG_9044.JPG

 アジサイロードの先には、パレスハウステンボスがあります。

 そちらは、翌日7月からのユリ祭りの展示に、もう変わっていました。

IMG_9055.JPG

IMG_9054.JPG

 ユリは、蕾も多く、満開はこれからでしょうが、アジサイ祭り、ユリ祭り、両方楽しめて

 得した気分です。

IMG_9058.JPG

IMG_9060.JPG

 クラッシクカーも素敵に並んでいます。

IMG_9061.JPG

IMG_9070.JPG

 バラ園のところも、だいぶ花は少なくなっていますが、きれいな花も残っています。

IMG_9072.JPG

IMG_9075.JPG

 
 園内にあるホテルヨーロッパでは、アジサイやユリの素敵なディスプレイ

 あちこちにありました。

 また次回にアップしたいと思います。





佐賀 有田 [観光スポット(佐賀)]

IMG_8979.JPG

 ギャラリー有田の入り口にあった陶磁器の大皿。水盤として使われています。

 20日ほど前のことですが

 6月30日から7月1日にかけて、佐賀長崎のハウステンボスに行ってきました。

 有田ギャラリー

 カフェと、器が展示販売されているお店です。

IMG_8960.JPG

 窓から見える段々になっているのは、全部珈琲カップです。

 通された席の側面です。

 お店の周囲をこのようにして、カップが陳列されています。

IMG_8962.JPG

 有田焼で有名な地だけあって、焼き物の町ということを実感させられます。

 食後の珈琲やお茶タイムのカップは、飾ってあるカップの好きなものを自分で選びます。

 私は、アジサイの絵柄のカップにしました。棚から取るときに、ちょっとドキドキします。

IMG_8963.JPG

 カップの下も繊細です。

 有田焼五膳です。

IMG_8966.JPG

 器にひもが結ばれ、おしゃれな感じです。

IMG_8968.JPG

 中には、松花堂弁当のようにして、いろいろな食材で作られたお料理が彩り美しく並んでいます。

IMG_8970.JPG

 食後のデザートと自分で選んだカップでの珈琲です。

IMG_8971.JPG

 モダンな絵柄のカップです。

IMG_8973.JPG

 銀河鉄道999をモチーフにした壺も飾ってありました。

IMG_8975.JPG

 店内の素晴らしい器などを見て回ったりしましたが、

 高価なものもあったりして、目の保養にもなることでした。


IMG_8978.JPG

IMG_8980.JPG


 有田ポーセリンパーク

IMG_8982.JPG

 17世紀以降、ヨーロッパの貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼。

 有田ポーセリンパークのシンボルでもあるツヴィンガー宮殿

 ドイツのバロック建築の華と言われたツヴィンガー宮殿を忠実に再現しています。

IMG_8985.JPG

IMG_8990.JPG

IMG_8992.JPG

 中庭にあるバロック庭園

IMG_8993.JPG

IMG_8995.JPG

 陶磁器の噴水があります。

IMG_8996.JPG

IMG_8998.JPG
 
IMG_8994.JPG 


 有田焼体験工房・飲食店・お土産品売り場・酒蔵などの施設があり「酒・器」のテーマパークとなっているようです。

 入場は無料ですが、老朽化も感じたことでした。

 建築物等、管理していくことは大変なことでしょうね。

 大きな風鈴がたくさんさがったものもありました。

IMG_8999.JPG


 この後、長崎のハウステンボスに向かいます。




前の10件 | -