So-net無料ブログ作成
検索選択
観光スポット ブログトップ
前の10件 | -

五ケ瀬ワイナリー 高千穂 [観光スポット]

IMG_6251.JPG

 五ケ瀬ワイナリーに向かう道中にも、桜の花たちがきれいに咲いていました。

 ワイナリーは、標高600mの高台にあり、熊本の阿蘇の連山がきれいに見えていました。

IMG_6257.JPG

 この阿蘇の5岳(根志岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)は、

 人が寝ているように見えることから、涅槃像と呼ばれているようです。

IMG_6254.JPG

 お天気も良くて、すっきりと見渡せて良かったです。

 この阿蘇の外輪山に落ちる夕日がまた美しいようです。

 夕日の里としても知られています。

 ここに可愛いモニュメントもありました。

IMG_6258.JPG

 素敵な言葉が彫られています。

IMG_6259.JPG

 
 五ケ瀬ワイナリー

IMG_6260.JPG

 寒暖の激しいこの地と美しい水が、絶妙な葡萄を育み、

 みずみずしさ溢れるフルーティーな仕上がりの芳醇なワインになるようです。

 この中で、いろいろ試飲してから、シャルドネとキャンベルアーリーの2本を購入しました。

 他にも、ハーブとガーリックのチーズ、チョコとワイルドチェリーのチーズを買って

 朝食のパンに塗って食べています。

 クリーミーで風味のいい美味しいチーズです。朝食の楽しみにもなっています。

 
 五ケ瀬からは、熊本の南阿蘇方面にもつながっていて

 しばらくそちら方面に車を走らせ、高森町にある「うま屋」というお蕎麦屋さんで食事をすることに。

IMG_6266.JPG

IMG_6267.JPG

 テラス席もあり、そこで食事をしました。

 ヤマメそばセットです。

IMG_6274.JPG

 天ぷらのヤマメは、蕎麦に入れて食べるように言われました。

IMG_6276.JPG

 ヤマメは癖のない白身の美味しいお魚で、お蕎麦にもよく合いました。

 ここからの景色も良くて、シャクナゲや菜の花、レンギョウも咲いていました。

IMG_6270.JPG

IMG_6269.JPG

 時々、鶯の鳴き声もして清々しい気持ちになることでした。

 この後、高千穂のほうに後帰りしてきました。

 高千穂のしだれ桜は、ほとんど終りに近い状態で、五ケ瀬とも近いのですが

 五ケ瀬のほうが標高も高く、寒いのかもしれません。

 日本最南端の五ケ瀬スキー場もあるところですものね。

 高千穂神社です。

IMG_6292.JPG

IMG_6293.JPG

IMG_6294.JPG
 
 高くそびえる夫婦杉があります。

IMG_6297.JPG

IMG_6296.JPG

 神楽殿です。

IMG_6303.JPG

IMG_6304.JPG

 夜神楽などをTVで見たりはしますが、まだ実際に近くで見たことはないです。

 ここで舞いがあるのかと、想像することでした。

IMG_6305.JPG

 国立劇場で、6月に夜神楽の舞いがあるようで、ポスターが貼ってありました。

IMG_6306.JPG

 この後、廃止になった高千穂鉄道のほうに行きました。

 スーパーカートに乗ったりしたので、また次回に載せることにします。







五ケ瀬 浄専寺の花など [観光スポット]

IMG_6090.jpg

 桜の側には、ムスカリの花もたくさん咲いていました。

 桜の下のタンポポ

IMG_6094.JPG

 

 五ケ瀬の浄専寺の見事な枝垂桜を前記事で載せましたが、それ以外にも可愛いお花たちがいろいろ楽しめました。

 お寺の近くでは、色鮮やかな桃の花たちも、のびやかな感じできれいに咲いています。

IMG_6102.JPG

 道路横の雪柳と桃の花たち

IMG_6100.JPG

 寺の境内には白い桃の花もありました。

IMG_6114.JPG

 レンギョウの花

IMG_6112.JPG

 馬酔木の花も、垂れるかんざしのようにして咲いています。

IMG_6142.JPG


 光を帯びて明るく咲いている水仙

IMG_6148.JPG

 その近くのクリスマスローズのピンク系の花たち

IMG_6150.JPG

 しだれ桜が一番の目的でしたが、浄専寺の境内で、可憐なお花たちもいろいろ楽しめました。

 浄専寺の隣には三ヶ所神社もあります。

IMG_6181.JPG

 階段の上り口には、シャクナゲの花も咲いていました。

 今年一番初めに見たシャクナゲの花です。

IMG_6180.JPG

 本殿のところにも、しだれ桜の優美な姿を見ることができます。

IMG_6183.JPG

 神社では、春の祭事が行われていて、関係者の方がたで、本殿内は人でいっぱいでした。

IMG_6187.JPG

IMG_6185.JPG

 風になびくような姿や、はらはら舞う花びらも、風情があります。

 

 神社近くに咲いていたミツマタ

IMG_6204.JPG

 お花が集まって咲く丸い形がまた、かわいらしいです。

 珍しい竹もあります。キッコウチクという名前の竹です。

IMG_6200.JPG

IMG_6201.JPG

 五ケ瀬には、中高一貫校の五ケ瀬中高もあり、そこにも見事なしだれ桜がありました。

IMG_6246.JPG

IMG_6247.JPG

 ちょうど、部活の練習でしょうか、

 先生の指導を受けながら、生徒さんが一生懸命走り込みをしていました。

 校庭の子供たちを見守るようにして咲いているかのようです。

 小中高などを振り返るときに、桜の木も思い出としてよみがえってくることもありますね。


 桜の下には、スミレも可憐な姿で咲いています。

IMG_6249.JPG

IMG_6250.JPG


 ここ、五ケ瀬は、お寺、学校以外にも、個人宅や土手の上など、しだれ桜をあちこちで目にすることができます。

IMG_6244.JPG

 「しだれ桜の里」とも言われているようです。

 春の五ケ瀬は美しいなぁとつくづく思うことでした。

 五ケ瀬には、ワイナリーもありますが、また次回に載せたいと思います。


浄専寺のしだれ桜 [観光スポット]

IMG_6085.JPG

 五ケ瀬にある浄専寺のしだれ桜を、昨日見に行ってきました。

 境内にある、樹齢250~300年のしだれ桜です。

 宮崎天然記念物にも指定されています。

DSCF1942.JPG

 浄専寺の第九代住職が、江戸時代中末期、本山参りの帰りに

 京都祇園から苗木を持ち帰り植えたものです。

DSCF1948.JPG

 周囲を圧倒するような巨木のしだれ桜です。

 散り始めていましたが、まだまだ美しい桜の様子が楽しめます。

DSCF1949.JPG

 浄専寺には、このしだれ桜以外にも、たくさんのしだれ桜を山門付近や境内で見ることができます。

 山門のところです。

IMG_6219.JPG

 お天気も良くて、青空に美しく映えています。

IMG_6220.JPG

 黄色いレンギョウも彩を添えて美しく調和しています。

 門から中を見た様子です。

IMG_6224.JPG

 扉の鳥の彫も美しいです。

IMG_6227.JPG

 山門の屋根には、猫のような寅のような面白い造形物がのっていました。

IMG_6228.JPG

IMG_6229.JPG

IMG_6230.JPG

 反対側にも、顔が苔むした同じような物が乗っていました。

 よく山門には、阿吽像が立っていますが、その意味あいのものでしょうか。

 ちょっと不思議に思ったことでした。

 三重塔のところには、色の濃いめのしだれ桜があります。

IMG_6103.JPG

IMG_6108.JPG

IMG_6237.JPG

 
 しだれ桜の開花の時期は、境内が一番華やぐときですね。

IMG_6135.JPG

IMG_6139.JPG

 左が本堂ですが、階段のところには甘茶が自由にいただけるようになっていました。

 美肌にもいいみたいです。とても美味しいお茶で、ほっと一息つくことでした。

IMG_6154.JPG

 ティーパックで売られているものもあったので、買って帰りました。

 三重塔の上にも登ることができて、そこからの眺めも素晴らしかったです。

IMG_6160.JPG

 奥の山のほうまでくっきりと見えています。

IMG_6157.JPG

 境内には、しだれ桜以外にも、椿、水仙、クリスマスローズなどいろいろな花も見ることができました。

 また次回に載せたいと思います。

 
 大きなしだれ桜をもう一つ

 浄専寺近くの「原田家のしだれ桜」です。

IMG_6083.JPG

IMG_6091.JPG

IMG_6095.JPG



夜桜 [観光スポット]

IMG_5953.JPG

 前記事の続きです。

 もう1か所の公園での桜です。

 丘のほうに段々と桜の木がいっぱいあります。

IMG_5946.JPG

IMG_5951.JPG

 前のほうは池になっています。

IMG_5957.JPG

 水面にさざ波があって、映りこんではいませんが、水辺の桜もいいですね。

IMG_5958.JPG

 うす曇りの日で、西に傾いた太陽の光は目に優しいです。

IMG_5950.JPG

 落ち着いたたたずまいの桜も良いですね。


 ここの夜桜も今夜見てきました。(もう前日ですね(^-^;)

IMG_6026.JPG

 

 夜の桜たちは、幻想的に白く光っています。

IMG_6025.JPG

IMG_6030.JPG

 道路の提灯も、イルミネーションのようにしてともされて、美しいです。

IMG_6039.JPG

 池に、提灯や桜も映りこんでいます。

 たくさんの方々が、バーベキューなどをされたりして、夜桜の宴を楽しんでおられました。

 娘たちから、桜とワンちゃんの映像が送られてきました。

 東京の娘から

attachment00 (12).jpg

attachment00 (13).jpg

 岡山の娘から

f0371101_08355509.jpg

DSC_5253.JPG


 可愛いわんちゃんと美しい桜の写真、こちらも顔がほころびます。




桜咲く [観光スポット]

IMG_5907.JPG


 こちらでは、例年より10日近く桜の開花が遅れて、今までで一番遅く花の見頃を迎えました。

 最近は雨も多く、やっと日曜日が天気に恵まれ、花見にとてもいい日になりました。

 両脇の街路樹の桜の木々が、枝をいっぱいに広げて咲き誇っています。

IMG_5807.JPG

 桜のトンネルをくぐりながら、車中から気分も上がります。



 観覧車と桜

IMG_5820.JPG

 たくさんのご家族の方がたが,楽しまれています。

 はしゃいでいる子供たち、笑顔にあふれています。

 池には、ボートもいっぱい出ていました。

IMG_5826.JPG

 池からの眺めも素敵でしょうね。

IMG_5871.JPG



IMG_5838.JPG

 マロンも一緒にお花見です。

IMG_5849.JPG

 嬉しそうに、元気に歩いています。

IMG_5876.JPG

 ワンちゃんたちにも、何回か遭遇しました。

 てまりのように丸く固まって咲いている桜たち

IMG_5893.JPG

 2~3輪の花も楚々とした感じで素敵です。

IMG_5905.JPG

 休憩のベンチでお弁当も食べました。

IMG_5851.JPG

 桜に囲まれて、眺めながらのお弁当はいっそう美味しいです。

 
 池にかけられている橋から撮った写真です。

IMG_5913.JPG

 山の上のほうまで、桜色に染まっています。

 公園の周囲は広いので、歩くとけっこうな距離になります。

 私が池の淵のほうに行って撮っている間に、マロンも一休みしていたようです^^

IMG_5921.JPG

IMG_5912.JPG


 神社の近くには、枝垂れ桜も咲いていました。

IMG_5928.JPG

 曲線の枝に咲く花

 たおやかで優美な姿です。

IMG_5929.JPG

 公園近くは、桜並木が続いていて、行きも帰りにも、

 ドライブしながらお花見ができるのも嬉しいところです。

IMG_5938.JPG

 待ちに待った桜の花たち

 それもまた記憶に残るお花見になりました。

 この後、もう一か所の花見のスポットに行きました。

 また次回に載せたいと思います。


春の柳川 [観光スポット]

IMG_5531.JPG

 庭に咲いている白い水仙です。

 数種類の水仙がありますが、一番最後に咲いた水仙です。

 飾り棚の花瓶にさした水仙

IMG_5532.JPG

 甘く清らかな香りを放っています。


 春分の日の連休を利用して、倉敷から娘が久しぶりに帰ってきました。

 旦那様も一緒の予定でしたが、仕事の都合で旦那様は帰ってこれず、娘だけの帰省になりました。

 柳川に一緒に行くことにしました。

 私たちも、夏、秋の柳川は行ったことがありますが、今の時期は初めてです。

 ウナギのセイロ蒸しが有名で、さっそく早目のランチにしました。

IMG_5396.JPG

 川下りの見えるところにあるお店で、その様子を見ながらいただくのも風流な感じもしました。

 娘も、ふっくらと食感のいいタレのしみ込んだおいしいウナギ、ご飯に満足していました。

 
 この日は、お天気のいい春らしい日で、観光客の方々もすごく多かったです。

 川下りの券を買って、しばらく待ってやっと自分たちの乗船の時が来ました。

IMG_5398.JPG

 今まで回ったコースとは違うコースにしました。

 私たちの船には、イギリスとアメリカ出身の若い女性の方がたも一緒でした。

IMG_5403.JPG

 船頭さんが、面白い和製英語でしゃべりかけるときなど、みんなの笑い声がして和やかな雰囲気です。

 ガイドの合間にうたわれるお歌もお上手で、いい乗り心地を助長してくれています。


 川沿いの家々の前では、春の花木が目を楽しませてくれます。

IMG_5406.JPG

 白いコブシの花も咲き始めていました。

 黄色いエニシダの花

IMG_5410.JPG

 木々の枝が、水面のほうに伸びています。

IMG_5411.JPG

IMG_5412.JPG

 前に見える木製の橋の下をくぐっていきます。

IMG_5415.JPG

 くぐった後の写真です。

IMG_5417.JPG

 苔むした屋根もいい雰囲気をかもしだしています。

 柳川藩主立花邸「御花」の庭園も見えています。

IMG_5419.JPG

 低い木の枝の下をくぐるのも、ドキドキワクワクの体験です。

IMG_5423.JPG

 低い石橋もいくつかあり、そのたびに体を低くしますが、

 船頭さんの仕事も馴れていないと大変だし、体力もいるだろうなと思うことです。

 私たちの船頭さんは、70歳くらいの高齢の方でしたので、その身軽さに感心することでした。

IMG_5434.JPG

 
 建物の壁なども美しいです。

IMG_5427.JPG

IMG_5428.JPG

 椿や桃の花でしょうか、目を楽しませてくれます。

IMG_5418.JPG

IMG_5437.JPG

 ここ柳川は、4月3日までは、「柳川雛祭り、さげもん祭り」が開催されています。

 観光客の方々が多いのも頷けます。

 川沿いには、船にお雛様も飾りつけしてあります。

IMG_5431.JPG

 若い芽吹いた柳の枝も、風にしなって、爽快な眺めです。

IMG_5442.JPG

 その下を川下りする船の景観は、なかなか素敵です。

IMG_5443.JPG

 他の船と行き交う瞬間も、お仲間さんというような心温まるものがあります。

IMG_5436.JPG

 ひとしきり、乗船を楽しんだ後は、歩いてみて回ることに。

 橋の上から撮った、さげもんがいっぱい飾ってある華やかな場所です。

IMG_5453.JPG

IMG_5455.JPG

 ここ柳川では、吊るし雛のことを「さげもん」と言います。

 江戸時代末期、女の子が生まれると、お雛様の代わりに、

 古着の端きれで小物を作り、飾ってお祝いしたのが始まりのようです。

 縁起物を吊るして、初節句の女の子の幸せと健康、良縁を願って飾られる「さげもん」。

IMG_5456.JPG

 数も決まっていて、7個7列の49個と中央に柳川まりを2個さげて、全部で51個とのこと。

 人生50年と言われていたその昔、1年でも長生きしてもらいたいという親の願いが込められているようです。

 前までに訪れた時とは違った、お雛様の雰囲気漂う柳川、

 娘といい時間を過ごすことができました。

 これからの桜の咲きだす時期になると、ピンク色に染まる美しい柳川が、楽しめることでしょうね。

 




淡島神社 [観光スポット]

IMG_5055.JPG

 淡島神社に咲いていた梅の花

 人吉のひな祭りに出かけたときに、寄った淡島神社です。

IMG_5048.JPG

 人吉から20分ほどで行けます。

 山江村にあり、とてものどかな山村にあります。

 鳥居からの写真です。

IMG_5041.JPG

 左下のほうに小さな鳥居が二つ見えると思います。

 実は、この神社は、腰から下の病、安産、子宝に御利益がある神社です。

IMG_5043.JPG

 この小さな鳥居の下を這ってくぐると良いみたいです。

IMG_5045.JPG

 私もくぐってみましたが、童心に返ったような、なんだか楽しい気分になります^^

 本堂の横には、梅がとてもきれいに咲いています。

IMG_5046.JPG

 見上げて、梅の木に合うメジロが来ないかなぁとつぶやいていると

 幸運にも来てくれました。

IMG_5057.JPG

 メジロがぼけていますが、嬉しい到来にシャッターを押しながらちょっと興奮することでした^^

 梅の木の奥には、大きなイチイガシの木があります。

IMG_5050.JPG

 樹齢400年は経ち、幹回りが8mの大木です。

IMG_5049.JPG

m_IMG_5052.jpg


 淡島神社を後にし、人吉のほうに向かう途中で撮った山の壁面です。

IMG_5060.JPG

 梅の木がいっぱいあり、白い姿が春らしい色調を帯びています。


 人吉で、かわいい金魚も見ることができました。

 おひな御膳をいただいた「伽草子」で飼われていました。

IMG_5088.JPG

 ピンポンパールという名前のふっくらと丸っこい金魚

IMG_5090.JPG

 フグのような金魚にも見えることでした。

 いつか見かけることがあったら、自分の家でも金魚鉢で飼ってみたいと思うことです。


人吉 おひな祭り [観光スポット]

IMG_5155.JPG

 人吉に出かけた先で見たきれいな梅の花

IMG_5154.JPG

 赤やピンクの見ごろな梅たちが、青空のもと美しかったです。

IMG_5160.JPG

IMG_5151.JPG

 今の時期、人吉は、雛祭り一色になります。

 街をあげてのお雛祭り。

 通りや各お店などの中には、風情あるお雛様たちの展示がしてあり、

 歓迎ムードを感じながら、気軽にあちこちで入ったりしての眺める楽しみがあります。

IMG_5101.JPG

 和の小物や雑貨などが販売してあるお店の中です。

IMG_5095.JPG

IMG_5096.JPG

IMG_5099.JPG

 いろいろな髪の結いかたの標本のような展示物もあります。

IMG_5098.JPG

 鍛冶やさんにも、手作り雛がありました。

IMG_5102.JPG

IMG_5103.JPG

 お店の独特感があって、面白いお雛様です^^

 みそ・しょうゆ蔵

IMG_5108.JPG

 ここの佃煮が美味しくて、こちらに寄ったときは必ず買って帰ります。

 
 お茶屋さんのお雛様

IMG_5109.JPG

 年代を感じるお雛様です。

 干支のお人形もありました。

IMG_5114.jpg
 
 中庭の造りもなかなか趣きがあります。

IMG_5112.JPG

 石蔵には、子供たちの作った可愛いお雛様もたくさんありました。

IMG_5105.JPG

IMG_5106.JPG

IMG_5107.JPG

 ホテル「あゆの里」でも、各スポットに素敵にディスプレイされています。

IMG_5126.JPG

 かわいいくまモンもいました。

IMG_5125.JPG

 歴史を感じるお雛さまたち

IMG_5121.JPG

IMG_5122.JPG

IMG_5119.JPG

IMG_5120.JPG

 古いものから現代まで各時代のお雛様が楽しめます。

IMG_5128.JPG

 雛飾りの隣には、今や熊本定番のくまモンも座っていました^^

IMG_5130.JPG

 

 城下町としての落ちついた雰囲気のある人吉

 人吉城跡のまえには、球磨川が穏やかに流れています。

IMG_5137.JPG

 お雛様祭りが定着していて、今の時期の優美な世界にひたれる人吉です。

 クラフトパーク公園では、お雛様手作り体験などもあるようです。

 目で楽しむだけでなく、今の時期限定の「おひな御膳」や「おひな会席」も

 旅館温泉、お食事処などでいただくこともできます。

 次回に、お雛御膳などを載せたいと思います。




湯之宮座論梅 [観光スポット]

IMG_4888.JPG

 湯之宮座論梅の花です。

 2週間以上前のことになりますが、新富町にある梅園に行きました。

 梅の花の咲き具合はどうかなと思っていたら、もうきれいに咲きはじめていました。

IMG_4884.JPG

 ここの梅の木は、老木になると、幹がたおれる臥龍性があり、

 元は1本の古木から周囲に株が広がったと言われています。

IMG_4887.JPG

IMG_4885.JPG

 梅園としては、300年以上と考えられるようです。

 珍しい座論梅という名前にはいくつかの説があるようです。

 ザロミという梅の種類からという説

 江戸時代に、佐土原藩主と高鍋藩主の藩境争いの協議の場所に利用されたからという説

 幹や枝が横に広がる様子が、人々が語り合う様子に見えるからという説

 など、定かではないようです。

 神武天皇の伝説もある梅園です。

IMG_4897.JPG

 神武天皇が、湯乃宮に行幸し、湯あみして梅の枝をついたところ、今の座論梅ができたという

 言い伝えもあります。

 神武天皇聖跡地として整備されています。

IMG_4874.JPG

 梅の木々の上には、昼間の月も小さく見えています。

IMG_4876.JPG

IMG_4909.JPG

 
 お天気も良くて、青空に梅の枝たちもくっきりと見えます。

IMG_4896.JPG

 丸い五弁の花びらにしべも可愛らしいです。

IMG_4914.JPG

 少しピンクがかった梅の花も見ることができました。

IMG_4902.JPG

 見上げていると、飛行機も飛んでいきました。

IMG_4917.JPG


 梅園を後にし、少し車を走らせていると、きれいに咲き誇っている桜の木も見え

 鑑賞することでした。

IMG_4922.JPG

 ピンクの濃い、早目に咲く桜の木でしょうか。

 花たちが固まるようにして咲いていて、華やかです。

IMG_4929.JPG

IMG_4930.JPG

 梅だけでなく、思いがけなく桜の花も見ることができて、嬉しいお花見でした。


 風流な和菓子をいただきました。

IMG_4571.JPG

 二人静という名前の、和三盆のお菓子です。

IMG_4574.JPG

 紅白のお菓子が二つ合わさっています。

IMG_4573.JPG

 口に入れると、やわらかく溶けていきます。

 やさしいお味のかわいらしい和菓子です。

 お抹茶に合いますね。 大黒餅のお菓子も一緒に。

IMG_4576.JPG

 二人静の入っているお皿

IMG_4577.JPG

 つる子窯という窯元のお皿で、ここの陶器も好きで、集めたりしています。



臼杵 料亭山田屋 [観光スポット]

IMG_4810.JPG

 臼杵の石仏を見た後に、料亭山田屋に行きました。

 明治38年創業の老舗料亭です。

 入口には、梅の花が咲いていて、清らかな花たちが出迎えてくれます。

IMG_4813.JPG

 ここ臼杵は、フグ料理でも有名です。

 豊後水道で獲れたトラフグをはじめ、海の幸に恵まれたところです。

 なかなかフグ料理は口にする機会が少ないですが、息子の帰省に合わせていくことにしました。

 店内に入ると、見事な風情ある生け花があります。

IMG_4845.JPG

 通されたお部屋の襖絵も、季節の花々で彩られています。

IMG_4817.JPG

 

 フグコースのお料理たちです。

 前菜

IMG_4819.JPG

 箸置きもフグのかわいらしいものです。

IMG_4820.JPG

 フグ刺し

IMG_4822.JPG

 弾力のある淡白な絶妙な味わいのお刺身です。

 ポン酢で食べますが、肝も入れ味わう美味しさはまた格別です。

 ヒレ酒

IMG_4821.JPG

 主人は運転でしたので飲めませんが、息子が美味しく味わっていて、お酒の弱い私は

 味見程度に飲ませてもらいましたが、香りもよくて、すっきりした風味のあるお酒です。

 フグ白子焼 美しい陶器の入れ物に入っています。

IMG_4827.JPG

 とろりととろける味です。

 フグ唐揚げ

IMG_4829.JPG

 焼きフグ

IMG_4831.JPG

 フグ寿司

IMG_4840.JPG

 ちり鍋

IMG_4841.JPG

IMG_4842.JPG

 雑炊

IMG_4844.JPG

 フグ尽くしの贅沢なお料理たち

 美味しいねと、何回口にしたことでしょう。

 顔をほころばせながらの、楽しく会話もはずむ美味しい時間でした。

 最後のデザートです。

IMG_4847.JPG

 室内から見える中庭の雰囲気もとても素敵でした。

IMG_4836.JPG

 ここにも梅の木があり、美しいたたずまいに花を添えています。

IMG_4834.JPG

IMG_4833.JPG

 フグ料理を堪能しながら、ゆっくりと時間がながれていきます。

 生け花の隣には、山頭火の句もありました。

IMG_4846.JPG

 「これが河豚かと食べてゐる」

 フグ料理は、やはり特別に感じるお料理です。

 料理が運ばれてきて、ときどき女将さんが来られ、料理の説明を交えたりしながらの

 臼杵の街にまつわるお話など、会話のおもてなしも心温まる感じでした。

 
 臼杵の山田屋が本店で、大分市と東京西麻生にもお店があるようです。

  
 フグのご馳走はもちろんのこと、素敵なたたずまいのお店で、

 心地いい時間の贅沢も味わえた貴重なひとときでした。



 
前の10件 | - 観光スポット ブログトップ