So-net無料ブログ作成
検索選択

庭のアジサイ [身辺のこと]

IMG_8880.JPG

 暑中お見舞い申し上げます。

 集中豪雨や、昨日は東京でヒョウが降ったり、異常気象が見られるこの頃です。

 福岡大分での大きな被害に遭遇された方々、心から、お見舞い、お悔やみ申し上げます。

 自然災害の恐怖を感じることです。

 高温も続いたりしていますが、元気でこの夏を乗り越えたいですね。

 

 
 東京での記事が長くなってしまい、庭のアジサイも載せられないままでした。

 アジサイの花期は長いので、お部屋にも飾ったりしながら、室内外で楽しめたアジサイたちです。

 色が変化してくるガクアジサイ

IMG_7947.JPG

 最初は白から、しだいに赤い斑が入ってくるアジサイです。


IMG_8117.JPG

IMG_8884.JPG


 霧島の恵みという青いアジサイ

IMG_7936.JPG

IMG_8126.JPG


 飾り棚に飾った「霧島の恵」

IMG_7883.JPG

 西側に咲いた紫のガクアジサイ

IMG_8067.JPG

 床の間にも、青いアジサイと一緒に花瓶に挿しました。

IMG_8048.JPG

 オタフクアジサイ

IMG_8119.JPG

IMG_8118.JPG

 ガクアジサイの横に咲いています。

IMG_8875.JPG

 
 ダンスパーティー

IMG_7997.JPG

 買ったときはピンクでしたが、年を重ねるにつれて、紫色になっています。

 土の性質によるのでしょうね。

IMG_8919.JPG

 
 墨田の花火

IMG_8865.JPG

 ピンク系のアジサイです。

 風神

IMG_7927.JPG

 室内にある鉢植えのアジサイ

IMG_8052.JPG

 
 アナベル

IMG_8085.JPG

 グリーンから白になっていき、また終わるころにはグリーンになります。

IMG_7969.JPG

 このアジサイも大好きなアジサイです。

IMG_8872.JPG

IMG_8940.JPG


 紫の色の入り具合が素敵なアジサイ

IMG_8936.JPG

 山アジサイ

IMG_7890.JPG

 赤い斑が入ってきます。

IMG_8005.JPG

IMG_7933.JPG

 小ぶりで可憐な山アジサイです。



 母の日に、娘から送られてきた籠盛りのカーネーションが終わったので、庭のバラやアジサイを

 挿しています。

IMG_8922.JPG


 今の時期は、もうほとんどアジサイも終わって、ドライフラワーにして飾ったりしています。

IMG_9536.JPG


 庭のアジサイを一気に載せたので、画像が多くなってしまいました。


 咲き始めから、終わりまで、楽しめるアジサイたちです。





東京散歩⑮旧岩崎邸 [観光スポット(東京)]

IMG_8783.JPG

 東京で、最後に観覧したのは、旧岩崎邸です。

 明治29年、岩﨑彌太郎の長男、久彌の本邸として造られました。

IMG_8858.JPG

 外壁の左側は改装中でした。

 正面玄関から入っていきます。

IMG_8785.JPG

 洋館は、重厚で瀟洒な廊下や室内になっています。

 イギリスの建築家ジョサイア・コンドルの設計です。


 イギリス・ルネサンス様式やイスラム風のモティーフなども採り入れられているようです。

IMG_8791.JPG

 柱の装飾も見事です。

IMG_8793.JPG

 室内の壁の模様も素敵です。

IMG_8796.JPG


IMG_8788.JPG

 婦人客室

IMG_8794.JPG

 天井は、シルクの日本刺繍の布張りになっていて、手が込んでいます。

IMG_8803.JPG

IMG_8817.JPG

 素晴らしいガラス食器の棚もあります。

IMG_8804.JPG

IMG_8815.JPG

 バカラのフィンガーボールには、紙製の当時のシールが貼られているとのこと。

 現在は、バカラサインが彫られていますが、古き時代は、紙製のブランドマークが使われていたようです。

 ベランダのタイル

IMG_8800.JPG

 英国ミントン社製のタイルになっています。

 白地にミントグリーンが入った、好きな色合いの室内です。

IMG_8825.JPG

 壁や天井の装飾などで、部屋の雰囲気が変わり、その違いも見る楽しみがあります。

IMG_8822.JPG
 
 椅子の造りも凝っています。

IMG_8827.JPG 

 ステンドガラスもありました。

IMG_8830.JPG

 洋館から、和館へと続いています。

IMG_8831.JPG

 フクロウが描かれた板絵もありました。

IMG_8833.JPG


IMG_8834.JPG


 庭には、別棟としてビリヤード場もあります。

IMG_8844.JPG


IMG_8846.JPG

 財閥としての栄華な時代を感じることのできる建物などです。

IMG_8801.JPG

 岩﨑家の家紋が、三菱の社章のもとになったようです。

IMG_8856.JPG

IMG_8859.JPG


 東京での記事が多くなってしまいましたが、その土地その土地での雰囲気が違って

 存分に楽しめた東京散歩でした。



東京散歩⑭不忍池 [観光スポット(東京)]

IMG_8780.JPG

 上野の続きです。

 不忍池に咲いていたアジサイ。青い色が美しいです。

 ちょうど1か月くらい前のことになります。

 不忍池には、蓮の葉が一面を覆い尽くすようにして、茂っていました。

IMG_8755.JPG

IMG_8759.JPG

 アジサイの花も、あちこちでまだきれいに咲いていました。

IMG_8757.JPG

IMG_8760.JPG

IMG_8762.JPG

 池の中ほどにある「不忍池弁天堂」です。

IMG_8763.JPG

 不忍池に、中の島を築き、そこに建てられた弁天堂です。

 江戸時代創建時は、船で渡っていたようです。

 その後、参拝者が増えるにつけ、橋がかけられ、現在のように歩いていけるようになりました。

 七福神の一つ、琵琶を持ったお姿の弁財天が祀られています。

 長寿・福徳・芸能などに御利益のある神様です。

 見づらいかもしれませんが、階段の左側には、琵琶の碑もありました。

 参拝して、後ろから見た姿です。

IMG_8765.JPG

 池の四方八方から、見えるように、八角形のお堂になっています。


 池の淵には柳もそよいでいます。

IMG_8770.JPG

 スイスイと泳いでいる鴨

IMG_8771.JPG

 ボートを漕ぎながら楽しまれている方がたも見えます。

IMG_8774.JPG

 この時期は、まだ蓮の蕾しか見られませんでした。

IMG_8775.JPG

 今は、きれいに開いた蓮の花が、見ごろになっていることでしょう。

 
 池の中ほどにある道を歩きながら、旧岩崎邸の方へ向かいました。

IMG_8779.JPG

 次回が、東京での最後の記事になります。




東京散歩⑬五條天神社・花園稲荷神社・韻松亭 [観光スポット(東京)]

IMG_8749.JPG

 上野の続きです。

 東照宮から出て、歩いていると2つの神社が出てきました。

 五條天神社と花園稲荷神社です。

IMG_8728.JPG

 五條天神社

IMG_8751.JPG

IMG_8726.JPG

 健康祈願に御利益のある神社のようです。

IMG_8727.JPG


 花園稲荷神社

IMG_8750.JPG

IMG_8731.JPG

 こちらは、縁結び祈願に御利益があるようです。

 稲荷神社というと、たくさんの赤い鳥居が立ち並んで居るのが特徴ですよね。

IMG_8733.JPG

IMG_8736.JPG

 愛嬌のある狛犬たち

IMG_8738.JPG

IMG_8739.JPG

 そろそろお昼前になったので、神社近くの「韻松亭」でランチにしました。

IMG_8740.JPG

 閑静なたたずまいの落ち着いた料亭です。

 通された間です。

IMG_8741.JPG

 私たちは、早い組でこのときは、2組の方がもうすでにおられましたが、

 出るころには、ここも満席になっていました。人気のお食事処です。

 大きな一枚ガラスの側の席で、緑の木々たちが、目に爽やかに飛び込んできます。

IMG_8742.JPG

 季節の移ろいもこの窓から楽しめそうです。




 明治8年創業の老舗で、韻松亭という名前は、浅草で芭蕉の句を載せましたが

 「鐘は上野か浅草か」からきているようです。

 寛永寺の鐘楼に隣接することから、当時の博物館館長・町田久成が、松に響くさまを愛で

 韻松亭と名付けたとのことです。

 かの横山大観がオーナーだった時期もあるようです。


 テーブルにひかれた紙のマットも趣きがあります。

IMG_8743.JPG

 花籠本膳です。

 一の膳
IMG_8745.JPG

 湯葉、お刺身、茶碗蒸し、豆富

 
 二の膳

IMG_8746.JPG

 花籠に、美しく盛られたお食事です。どれから食べようか嬉しい迷いです。

 
 三の膳

IMG_8747.JPG

 豆ごはん、揚物、汁椀

 最後のデザートです。

IMG_8748.JPG

 水菓子の麩饅頭とマンゴーソースのムース

 ゆっくりとした気分で、それぞれに味わいあるお食事が楽しめる時間でした。


 次回は、不忍池へ続きます。



東京散歩⑫上野恩寵公園・上野東照宮 [観光スポット(東京)]

IMG_8660.JPG

 西郷隆盛像の近くに咲いていたアメリカデイゴの花。

IMG_8659.JPG

 大きな木で、たくさんの花をつけていて鮮やかでした。

 西郷隆盛像

IMG_8662.JPG

 上野を象徴する一つでもありますね。

 お天気も良くて、恰幅のいい西郷どんが犬を連れて堂々としています。

 そういえば、次回のNHK大河ドラマになっていますね。

 上野公園は、とても広く、緑の木々も多く、散歩で廻るのにも良さそうなところです。

IMG_8670.JPG

 清水観音堂

IMG_8664.JPG

 月の松

IMG_8667.JPG

 浮世絵師、歌川広重の「名所江戸百景」で描かれている月の松

 150年ぶりに復活したとのことです。


IMG_8669.JPG

 博物館美術館も建ち並ぶところです。

IMG_8676.JPG

 水辺の花の向こうに見える東京国立博物館です。

IMG_8679.JPG

 
 東京都美術館

IMG_8683.JPG

 この時期には、ブリューゲル「バベルの塔」展を開催されていました。

 この日が、月曜の休館日ということもあり、見られなかったのは残念でしたが

 もし美術館巡りしていたら、そこで時間が経っていたことと思います。

IMG_8684.JPG

 このバベルの塔は、徳島の大塚美術館で、原寸大の陶板画で見たことがあり、その大きさ、存在感に圧倒するものがありました。


 上野動物園もお休みです。その近くの公園です。

IMG_8685.JPG

 動物園の人気者パンダの看板もあります。

 子供が小さいころ、この動物園には来たことがあります。

 この日の夕方知ったのですが、私たちがこの近くにいるときに、この上野動物園で、

 パンダの赤ちゃんが誕生したとのこと。嬉しいニュースに、何だか心温まる思いが一段とすることでした。


 上野東照宮にお参りしました。

IMG_8687.JPG

 参道を歩くと、五重塔が見えてきます。

IMG_8689.JPG

 実は、この五重塔は動物園の敷地内に建っています。

 唐門です。

IMG_8695.JPG

 きらびやかな、立派な門です。

IMG_8698.JPG

 御祭神は、徳川家康、吉宗、慶喜 です。

 拝殿、本殿の敷地内も見て回ることにしました。

 大きなクスノキがありました。

IMG_8704.JPG

 樹齢600年で、この東照宮創建前からあり、上野の地を見守り続けている木です。

 透塀

IMG_8708.JPG

 菱格子の向こうが透けて見えることからこの名があるようです。

 上段下段には、動物たちや植物が彫られています。

 社殿

IMG_8705.JPG

IMG_8706.JPG

IMG_8712.JPG

 金箔がたくさん使われており、金色殿とも呼ばれているとのことです。

IMG_8715.JPG

 日光東照宮より、規模は小さいですが、それでも立派な唐門、社殿の造り

 その栄華も偲ばれます。

 きささげの木というものが、敷地内にありました。

IMG_8719.JPG

 樹齢は350年以上とされ、雷除けの願いを込められて植えられたようです。

 夏には、香りの良い淡黄色の花が咲くようです。


 次回に上野の記事続きます。


東京散歩⑪夜の東京駅・はん亭 [観光スポット(東京)]

IMG_8633.JPG

 夕方の6時半くらいの東京駅です。

 まだ暗くなるにはもう少しかかります。明るくなりましたね。

IMG_8634.JPG

 新丸ビルのほうに移動します。

IMG_8636.JPG

 
IMG_8637.JPG

 向かった先は、5Fにある「串揚げ はん亭」です。

IMG_8638.JPG


 通された席の窓から、東京駅も見下ろせます。

IMG_8641.JPG

 串揚げコースです。

 最初に生野菜がきて、これが串揚げの途中にも箸休めにもなったりして、なかなか良かったです。

IMG_8642.JPG

 自家製肉みそに野菜の風味があいます。

 串揚げは、揚げたてが、2~3本ずつそれぞれに運ばれてきます。

 生姜やエビなど

IMG_8643.JPG

 レンコンなどの野菜の他に、アワビやフォアグラなどの素材の串揚げも独創的な感じがします。

IMG_8644.JPG

IMG_8645.JPG

IMG_8646.JPG

IMG_8647.JPG

IMG_8648.JPG

 最後に、喉越しさっぱりの麺や、マンゴーソースのデザートも出ました。

IMG_8650.JPG

IMG_8651.JPG

 旬の野菜や、肉、魚貝のバラエティに富んだ串揚げ

 満足感たっぷり味わえる串揚げの数々でした。


 はん亭を出て、東京駅のほうにまた帰ります。

 8時過ぎの東京駅です。

IMG_8652.JPG

 レトロな東京駅がライトアップされ、素敵な眺めです。

IMG_8654.JPG

IMG_8656.JPG

 
 次回は上野の記事になります。

 東京でのあれこれ、いよいよ終盤になっていきます。








東京散歩⑩続・浅草 [観光スポット(東京)]

IMG_8580.JPG

 浅草寺横にある、石橋です。

 鯉も、気持ちよさそうに泳いでいます。

IMG_8581.JPG

 現存する都内最古の石橋のようです。


 せっかくだから、御朱印もいただいて帰ることにしました。

 浅草寺西側の影向堂というところで、もらえます。

IMG_8583.JPG

 御朱印をもらわれる方たちの列ができています。

IMG_8584.JPG

 生まれ年の干支で守り本尊様があるようです。

IMG_8586.JPG
 
IMG_8585.JPG

 上から貼り紙もあって、見づらい干支もあるとは思いますが。


 影向堂のさらに西側には、淡島堂があります。

IMG_8597.JPG

IMG_8598.JPG

 淡島明神は、女性の守り神として、信仰を集めているようです。

 五重塔もきれいに見えています。

IMG_8599.JPG

 参道もいくつかあって、それぞれに通路を歩きながら、その雰囲気が違っていて楽しめます。

IMG_8600.JPG

IMG_8601.JPG

 
 浅草寺の東側には、弁天堂があります。

IMG_8615.JPG

 傍らには、あの時の鐘があります。

IMG_8616.JPG

IMG_8617.JPG

 この梵鐘が、江戸時代の人々に時を知らせていたのでしょうね。

 松尾芭蕉の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」

(はるかに見渡せば、雲と見まがうほどの桜の花の盛りである。折から隅田川を渡って聞こえて来る鐘の音は、上野の寛永寺であろうか、それとも浅草の浅草寺であろうか。)

 鐘を見ながら、感慨深気持ちになります。

IMG_8613.JPG

 なんだか可愛らしさがある狛犬たち

IMG_8618.JPG

IMG_8619.JPG

 
 もんじゃ焼きを食べさせるお店もあって、小腹がすいてきたので、もんじゃ焼きも食べたりしました。

 浅草は、見て回るも良し、食べ物もいろいろ美味しくて、良いところです^^

 雷門の道路向こうには、浅草文化観光センターのビルが建っています。

 道路を渡って、浅草文化センターから雷門のほうを撮った眺めです。

IMG_8622.JPG

 門の前は、人、人であふれています。

 浅草観光文化センターの、2階のエレベーター前にあった熊手です。

IMG_8625.JPG

IMG_8626.JPG

 11月の酉の日は、またにぎわいがあって、色とりどりの花やかな熊手で彩られることと思います。

 不思議な鏡がありました。

IMG_8627.JPG

 前に立つと、桜のような花が上から次々に舞い降りてきます。

 顔が少し隠れたので、載せて見ました(^-^;


 窓から外を見た光景です。

IMG_8629.JPG

 人力車の方も、頑張って案内されています。


 とにかく活気のあるにぎやかな浅草でした。


東京散歩⑨浅草寺 [観光スポット(東京)]

IMG_8546.JPG

 浅草寺の雷門の提灯の下からの眺めです。

 龍が彫られています。


 浅草寺にお参りに行きました。

 
IMG_8543.JPG

 東京都内最古のお寺とのこと。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)で、

 浅草の観音様として親しまれている浅草寺です。

 雷門にある風神雷神像

IMG_8551.JPG

IMG_8550.JPG

 右の間に風神像、左の間に雷神像です。

IMG_8547.JPG

 

 裏のほうには、「金龍・天龍」の像をみることができます。


 金龍(女神)

IMG_8548.JPG

 天龍(男神)

IMG_8549.JPG

 正面と裏に、それぞれに違う像があるって、珍しいですね。


 仲見世

IMG_8552.JPG
 
 表参道には、両側にたくさんのお土産屋が建ち並んでいて、見ながら歩くのも楽しみですね。

 人で混んでいます。


 宝蔵門

IMG_8558.JPG

IMG_8568.JPG

 提灯の下から見ると、ここにも龍の彫り物がありました。

IMG_8566.JPG

 両脇の金剛力士像

IMG_8565.JPG

IMG_8567.JPG

 左の阿形(あぎょう)は力士の北の湖、右の吽形(うんぎょう)は明武谷がモデルになっていると言われているようです。

 背面には、巨大なわらじが吊り下がっています。

IMG_8572.JPG

 魔除けの意味もある大わらじです。


 右に東京スカイツリー

IMG_8562.JPG

 左に五重塔を見ることができます。

IMG_8561.JPG

 鬼瓦です。

IMG_8606.JPG


IMG_8571.JPG

 
 手水舎のところです。

IMG_8574.JPG

 高村光雲作の沙竭羅(さから)龍王像

 上のほうにも、龍が描かれています。

 いよいよ本堂に上がり、お参りです。

IMG_8577.JPG

 人が多くて、参拝にも順番で少し時間がかかります。

 築地もでしたが、ここ浅草寺でも、以前訪れた時より、外国人の方が特に多くなっているなぁ

 と感じたことです。

 
 長くなってきたので、浅草での記事、次回に続きます。




東京散歩⑧浜離宮恩賜庭園 [観光スポット(東京)]

IMG_8491.JPG

 浜離宮庭園に咲いていた花菖蒲です。

 水上バスを降り、しばらく進むと、神社が見えてきました。

 稲生神社

IMG_8476.JPG

IMG_8477.JPG

 ここ浜離宮庭園は、東京湾からの海水をとり入れ、潮の干潮でその景色も変化します。

 江戸時代の代表的な庭園で、11代徳川家斉のときに、現在の姿が完成したようです。

IMG_8478.JPG

 今の時期は、花菖蒲が咲いていて、その涼し気な優美な姿が楽しめます。

IMG_8481.JPG

IMG_8486.JPG

IMG_8495.JPG

 キンシバイもいっぱい咲いていました。

IMG_8489.JPG


IMG_8490.JPG

 
 6月ということもあり、アジサイもあちらこちらに咲いています。

IMG_8494.JPG


 300年の松の姿も見事です。

IMG_8492.JPG

 松の向こうに、おおきなビルがそびえるのも都心ならではの庭園です。

 ベンチも置いてあり、静かな松林の中でゆっくりと休めるのもいいですね。

IMG_8496.JPG


IMG_8502.JPG

 御茶屋もあります。

IMG_8504.JPG


IMG_8508.JPG


 広大な敷地です。きれいに整備管理されて、清々しい気持ちになります。

IMG_8510.JPG


 鷹場もありました。

IMG_8516.JPG

 穴からのぞき、その狩りの瞬間を待つ場です。

 アヒルが飼いならされていて、そのアヒルにつられてやってきた鴨を、

 鷹を使ってしとめるという狩りのようです。

IMG_8517.JPG
 

IMG_8513.JPG


 明治維新後は、皇室の離宮となり、昭和20年に東京都がもらい受け、

 今のように一般公開されるようになったようです。


 江戸からの歴史を感じる美しい庭園でした。


 水上バスの時間がきたので、今度は日の出桟橋経由で浅草のほうに帰っていきました。

 海の貴婦人と言われる海王丸も停泊していました。

IMG_8523.JPG

 日の出桟橋にいた派手な御座船です。

IMG_8526.JPG

 隅田川を行き交う水上バスたち

IMG_8533.JPG

 浅草に帰ってきました。

IMG_8538.JPG

 ちょうど、お昼時で、浅草寺に向かう途中で入った「尾張屋」で、天蕎麦をいただきました。

IMG_8539.JPG

 喉越しのいい、おいしいお蕎麦でした。

 お腹を満たして、浅草寺に向かいます。




 次回に続きます。

東京散歩⑦隅田川水上バス巡り [観光スポット(東京)]

IMG_8423.JPG

 アサヒビアホール

 金色のオブジェが目立ちますよね。「燃えさかる炎」をイメージしたもののようです。


 東京メトロ銀座線で浅草に行きました。

 浅草吾妻橋発着所からの水上バスに乗り込みます。

IMG_8425.JPG

 隅田川ラインで、浜離宮の入場込みのチケットにしました。

 東京クルーズでの楽しい時間です。

 吾妻橋のところを、ホタルナという水上バスがくぐっています。

IMG_8428.JPG

 銀河鉄道999で知られる松本零士さんデザインのものとのこと。

 月が輝く夜に神秘な輝きを放つ蛍が隅田川を舞う ホタルとルナ(月の女神) ホタルナ

 松本零士さんの思いが込められた船名です。素敵な名前です。

 宇宙船のイメージもありますよね。

IMG_8430.JPG

 スカイツリー、アサヒビアホールを横に見ながら、船は進んでいきます。

IMG_8429.JPG

IMG_8431.JPG

 厩(うまや)橋です。

IMG_8432.JPG

 有名な隅田川花火大会も、このあたりできれいに見えるのでしょうか。


 川沿いの壁には、たくさんの絵を見ることができます。

IMG_8434.JPG

 隅田川テラスギャラリー 散策路に沿って設けられた絵画ギャラリーです。

 地元小中学生さんの描いた絵もたくさんあるようです。



 右手には、神田川になっています。

IMG_8436.JPG

 羊の顔が造られた階段の壁もあります。

IMG_8437.JPG

 ドラマロングバケーション」の中でよく出てきた橋、「新大橋」です。

IMG_8439.JPG

 通り過ぎてから振り返っての写真

IMG_8441.JPG

 水上バイクの人たちが、スピードをあげて近づいてきます。

IMG_8442.JPG

 爽快な感じで楽しそうです。


 清州橋

IMG_8444.JPG

IMG_8445.JPG

 
 永代橋

IMG_8447.JPG


 高層マンションが、見えてきました。

IMG_8449.JPG


 中央大橋

IMG_8451.JPG

 中央大橋の横にそびえるように建っているマンションでした。

IMG_8452.JPG


 おおきな2つの塔が見えてきました。

IMG_8455.JPG

 聖路加ガーデン、聖路加タワーです。

 この奥には聖路加病院があるようです。


 勝鬨(かちどき)橋

IMG_8457.JPG

 以前は、跳開して可動橋として、大型船舶などの通航もあったようですが、今は開くことはないようです。

IMG_8458.JPG

IMG_8459.JPG

 築地市場が見えてきました。

IMG_8460.JPG

 都政を揺るがしている築地、豊洲の市場

 これからも落ち着くまで、問題がありそうですね。

 市場現場の方々、都民の方がたにベストな方向で動いていってほしいです。

IMG_8461.JPG

 築地大橋

IMG_8462.JPG

 東京タワーも見えています。

IMG_8465.JPG

 お台場のレインボウブリッジが目の前に見えてきました。


IMG_8467.JPG

IMG_8466.JPG
 

 フジテレビ

IMG_8468.JPG


 浜離宮に到着です。

IMG_8474.JPG




 浜離宮のことは、次回に載せたいと思います。